着心地いい普段着のように

住まいを着こなしてみよう


今の自分にピッタリの言葉です。

今晩はPepuです。

只今、引っ越しの準備中です。

まだ物件すら見つかってませんが

難しいですね。

そんな今の気分に当てはまる本

見つけました。

中村さんは100件以上も手掛けた

建築家の方で、住まいに対しての

考えて方を優しく伝えてくれます。


例えば、子供の頃に夢見た

樹上の小屋。

大人になっても惹かれる方も

多いと思います。

営巣本能を感じてしまう

シンプルな住まいは住むことの

本質を突いているかもしれませんね。


他にも中村さんが手掛けた家の

エピソードやスケッチを

色々とご覧頂けます。


日々、忙しく過ごしていると

当たり前の様に住むことに

無頓着になりがちです。

今回、引っ越しをするにあたり

改めて住むことと向かいあって

感じてます。

普段の生活が少しだけ

暖かく楽しくなる本です。

是非、ご覧下さい。

THE CITY FOLKS BOOKSにて

お取り扱いして居ります。