こんばんは。

アオヤギです。

CITY FOLKS BOOKS より

新しく入荷した 若木信吾さんの写真集

『young tree』の紹介です。  


若木さんと言えば自身の祖父を撮影した

『Takuji』があまりにも有名です。

しかし!

アオヤギ的には同じ祖父という題材を扱った

この『young tree』の方が好みです。

なぜ写真に写っているのが年老いた男と過ぎ去った日々の事ばかりなのに

タイトルは young tree なのか。

なぜ他人の家族写真を見て懐かしさとか

おかしみを感じるのか。

すごく近くにあるはずの家族写真なのに

この写真集を見ていると

最近、家族写真って撮ったり見たりしてないなぁ。と思えてきます。

久しぶりに家族のアルバムを引っ張り出してきたくなる一冊です。

ぜひ手にとってみてください。

この写真集、なかなか良いですよ。